未分類

TOEIC600点から700点突破までに私がしたこと!勉強時間や学習法の解説!

こんにちは、わか(@wakatoeic)です!

わか
わか
TOEIC600点から700点までは何したらいんだろう?

TOEIC600点台で壁を感じるな。今までと同じように勉強しているのに、700点を突破できる気がしない。どのくらい時間がかかるのかな?

こんな悩みを解決します。

600点から700点を突破するのは、結構大変です。

今まで順調に点数が上がっていたのに、壁やスランプを感じる人は少なくありません。

わか
わか
実は、私もその一人だよ!

私は、500点から600点までは一気に上がったのですが、そこからは停滞し、時にはスコアが下がることもありました。

勉強しても、上がらない気がして、一種のスランプのような感じになっていのかもしれません。

ですが、2ヶ月後には無事700点を突破することができたので、今日はその経験をもとに、勉強法や勉強時間を記録していきます。

TOEIC600点から700点を突破したい人は、ぜひ参考にしてください。

TOEIC600点と700点のレベル確認

まずは、TOEIC600点と700点のレベルを確認していきましょう。

現在地と目的地を知ることができれば、自分が何をすべきかが見えてきますし、対策もより具体的になるはずです。

・現在地:TOEIC600点
・目標地:TOEIC700点

TOEIC600点のレベル

TOEICの600点のレベルです。

・英語初心者を脱出
・大学受験レベル
・一般の人より英語ができる
・TOEIC頻出単語を知ってる
・文法は基礎ができる
・リスニングも短文は聞き取れる
・平均点よりも上

わか
わか
脱初心者って感じだね!

TOEIC600点を超えると、全体の平均点帯である580点を超えるので、一般的の人よりも英語ができると言えます。

就活や転職でも、600点は1つの基準になります。

英語力に関して言えば、一通り「基礎が固まった」と言える段階なので、深さや質を上げていかなければいけません。

TOEIC700点のレベル

TOEICの700点のレベルです。

・英語中級者に進出
・難関大学レベル
・英語ができると評価される
・パート③④⑦が課題
・リーディングは塗り絵あり
・転職や就活で評価される
・英語ができる感覚はない

わか
わか
中級者への一歩を踏み出した感じだね!

TOEIC700点にもなると、周りからは英語ができる人と評価されることが多く、就活や転職でも有利に評価されるでしょう。

ただ当の本人は「英語ができる」感覚は全くです。

TOEIC600点から700点までに必要な勉強時間

次に、TOIEC600点から700点までに必要な勉強時間を書きます。

わか
わか
2つの視点で紹介するよ!

・一般的に必要と言われる勉強時間
・私が600点から700点までにかかった時間

あたなの勉強時間と比べてみてください。

一般的に必要と言われる勉強時間

参照元:Oxford University Press『A Teacher’s Guide to TOEIC® Listening and Reading Test Preparing Your Students for Success』

オックスフォードの調査を参考にすると、TOEIC650点からTOEIC750点までは、約225時間必要だとされています。

わか
わか
つまり、100点アップするためには225時間の対策が必要だよ!

もちろん多少の前後はあると思いますが、10時間やそこらの対策でスコアが上がらないことは間違いありません。

私が600点から700点までかかった勉強時間

一般的には、TOEIC600点から700点までに「225時間」かかるということです。

わか
わか
ただ実際どうなの?って感じだよね!

どのブログにも「一般的」なことしか書いてなくて、つまらないですよね。

ですが、安心してください。

私は英語学習を始めてから、毎日の学習記録を記録しています。

わか
わか
今は157日目だよ!

私の場合、600点から700点までにかかった時間は「271時間38分」です。

ただ600点を取得した、その後500点台に落ちているので、偶然600点取れた可能性もありあます。

わか
わか
あながち「225時間で100点」は、間違っていないかもね!

ちなみに、プロ講師の人に聞いた話だと「100点アップするのに250時間」と言っていました。

600点から700点を突破するのに必要なこと

ここからは、600点から700点を突破するのに、必要なことを書いていきます。

わか
わか
私が意識していたことだよ!

・苦手パートの克服
・取るべきパートで8割
・リーディングスピードを上げる

それぞれ、見ていきます。

苦手パートの克服

苦手なパートがあれば、しっかり対策しておきましょう。

得意・不得意はあれど、TOEIC700点を超えるのであれば、どれも並み以上に仕上げておかなければいけません。

特に、リスニングパートとリーディングパートの点数に差があるのであれば、低い方をより優先的に対策していきましょう。

わか
わか
高い方を伸ばすより、低い方を伸ばすのが簡単だよ!

私の場合は、リスニングが50点以上高かったので、リーディングを中心に対策しました。

・リスニング:350点くらい
・リーディング:270点くらい

多くの人がリスニングの方が高い点数だと思いますが、リーディングが苦手だとリスニングも伸び悩みます。

苦手なパートもしっかりと対策していきましょう。

リーディングスピードを上げる

リーディングスピードを上げましょう!

おそらくですが、600点台の人は「パート7を最後まで解けない」で、塗り絵になる問題がかなり多いと思います。

わか
わか
私もかなり塗り絵していたよ!

平均20問が塗り絵で、多いと30問とか、平気で塗り絵していました。

人に言えた話ではありませんが、塗り絵が多いとそれだけ損です。

わか
わか
解けたかもしれない問題もあったかもしれないよ!

20問全部が正解とはいかずとも、10問やそこらは解けるかもしれません。

そしたら、かなり点数が上がりますよね。

わか
わか
だからこそ、リーディングスピードが重要なんだね!

そこで、オススメなのが音読です。

音読とは?

英文を声に出して読むこと

小学校の頃に、国語の授業とかでやったと思いますが、あれの英語版です。

わか
わか
ポイントは3つだけ!

・声に出して
・理解できる最大のスピードで
・何度も読むこと

声に出すことで、半強制的に「英文を頭から読む癖」がつきますし、何度も理解しながら読むことで、スピードだけでなく、内容理解も速くなります。

わか
わか
速く読んでも、内容理解できなければ意味ないからね!

私は模試2回分のパート7を30回ずつ音読し始めた辺りから、スピードと内容理解が上がった感覚があります。

取るべきパートで8割

あと、これは前提条件になりますが、700点を取るために、パート③④⑦の強化は必須です。

ただ、その前にパート①②⑤⑥で、8割は取りましょう。

わか
わか
8割ってきつくない?

パート③④⑦で8割は厳しいと思いますが、それ以外は600点を超えているのであれば、8割取れるはずです。

もし8割取れていないのに、パート③④⑦ばかり対策しているのであれば、そこが原因になっているかもしれません。

わか
わか
ちなみに、私は600点から700点までは、この3つの対策しかしてないよ!

・単語力の強化
・パート③④でシャドーイング
・パート③④⑦の長文を音読

本当にこれだけです。

【番外編】オススメ教材

私が600点から700点を超えるためにやったのが「単語」「シャドーイング」「音読」だけですが、教材の力も大きかったと思います。

何を勉強するかも大切ですが「何で」対策するかも考えてみてください。

わか
わか
教材によって勉強効率が変わるからね!

今、参考書で良い感じに集中できているのであれば、そのまま続けてください。

ですが「参考書が合わないな」「上がる気がしない」と迷うくらいなら、スタディサプリがオススメです。

スタディサプリ

スタディサプリTOEICでは、スコアアップに必要な全ての要素を、アプリで学ぶことができます。

・頻出単語を学ぶ→TEPPAN英単語
・各パートの対策→パーフェクト講義
・英文法を学ぶ→パーフェクト講義(英文法編)
・問題を解きたい→実践問題集
・0から英語を学ぶ→基礎英文法

実際、私は600点から700点までスタディサプリしか使っていません。

講義は300本以上の動画で解説されていますし、4000問を解き放題で、シャドーイング機能は超やり易いです。

正直話をすると、スタディサプリTOEICを使わなかったら、700点突破できていない気がします。

・勉強法あってるのかな?
・何を対策すればいいんだろう?
・この教材でいいのかな?

もし参考書で勉強していたら、勉強以外のことで悩んでしまい、肝心の学習に集中できなかったと思います。

わか
わか
迷いとか悩みは、学習効率を下げるからね!

だったら、スタディサプリTOEICを使って、学習に集中できる環境を作るのも良いと思います。

わか
わか
今なら無料だしね!

今なら無料で7日間スタディサプリが使いたい放題なので、まずは試してみるのがオススメです。

>>無料で7日間スタディサプリを体験する

最後に

いかがでしたか?

今日は、TOEIC600点から700点までにかかった時間や勉強法について、書きました。

600点から700点は壁を感じることが多く、何度も挫折しそうになることもわかります。

そんな時に、勉強法や教材を信じられないと、悩みや迷いが生まれてしまうので、安いからといって参考書を選ぶのは、オススメしません。

わか
わか
私は参考書で勉強していたら、挫折していた気がするよ!

せっかく勉強しているのに、途中でやめてしまうのは勿体ないと思うので、教材を変えてみるのも1つの手です。

今なら無料期間なので、まずは体験してみてください。

>>無料で7日間スタディサプリを体験する