スタディサプリ

スタディサプリ「パーソナルコーチプラン」のチェックイン面談とは?流れと感想のまとめ!

こんにちは、わか(@wakatoeic)です!

今日は、パーソナルコーチプランに申し込むと必ずある「チェックイン面談」について、流れと感想をまとめました。

チェックイン面談は、時間も流れも全然違います。

貴重な時間を有効活用するために、しっかりとこの記事で確認して臨んでください。

わか
わか
チェックイン面談を有効活用しようね

初回面談の流れやポイントは、下の記事で説明しているので、参考にしてください。

スタディサプリTOEIC対策パーソナルコーチプランの初回面談はこんな感じ!こんにちは、わか(@wakatoeic)です! 2019年11月30日(土)にスタディサプリTOEIC対策「パーソナルコーチプラン...

チェックイン面談とは

チェックイン面談とは、音声通話を使って担当のコーチと面談をすることです。

面談の内容はのちほど詳しく説明しますが、学習の進捗や課題などが相談できます。

わか
わか
パーソナルコーチプランのみの機能だよ

チェックイン面談は、パーソナルコーチプランのみの機能となっており、ベーシックプランでは使えない機能です。

チェックイン面談の時期と回数

チェックイン面談は、無制限に行えるわけではなく限りがあります。

音声面談が4回あり、そのうちの2回がチェックイン面談です。

  1. 初回面談(30分)
  2. チェックイン面談(15分)
  3. チェックイン面談(15分)
  4. 中間面談(30分)

チェックイン面談が行われる時期は、初回面談の1週間後くらいらしいです。

初回面談の時に、チェックイン面談の日程を決めることになると思います。

また音声面談は、初月に3回行い、中間地点(3ヶ月プランの場合、1ヶ月半後)と言われていますが、そこはコーチによって柔軟に対応してもらえそうです。

私のコーチの場合は、私が月1で面談して欲しいとお願いしたら、初月に2回、2ヶ月目に1回、3ヵ月目に1回のペースで面談することになりました。

わか
わか
面談のペースは、コーチと決めてね

チェックイン面談の目的

公式サイトによると、チェックイン面談の目的は「学習の定着」です。

ただ今回、私自身が実際にチェックイン面談を受けてみて、下記3点の目的があると感じました。

・学習の定着
・学習進捗の確認
・学習アドバイス

それぞれ説明していきます。

学習の定着

1つ目の目的は、公式サイトでも書かれている通り「学習の定着」を促すためです。

正しい学習を継続すればスコアは上がりますが、その継続が学習者にとって1番の鬼門といっても過言ではありません。

そのためチェックイン面談を行い、客観的に学習の振り返りをすることで、良い意味でプレッシャーを受けることができます。

わか
わか
コーチがいると「やらなきゃ」という気持ちになるよね

特に短期間で効果を出すパーソナルコーチプランだからこそ、最初のうちによい学習習慣をつけることが大切です。

よい学習習慣がつけることが、3ヵ月後のプログラム終了後に大きな成果となります。

学習進捗の確認

2つ目の目的は、学習進捗の確認です。

この学習進捗に関しては、私たちが私たちの学習進捗を確認するというより「コーチが」確認したいのだと思います。

というのも、個々に学習プログラムが共有されますが、その学習プログラム通りに進むとは限らないからです。

なぜなら、学習者のライフスタイルや実力が異なるため、当然ながら同じ課題を与えても進捗状況は異なります。

わか
わか
学生と社会人じゃ生活が全然違うもんね

異なるライフスタイルの人に学習プログラムを共有して「これやっといてね」では、パーソナルコーチプランを申し込むメリットはありません。

だからこそコーチ自身が、生徒の進捗具合などを直接確認して「なぜ勉強できなかったのか」「どうしたらいいのか」を一緒に考えてくれます。

学習アドバイス

3つ目の目的は、学習アドバイスです。

学習アドバイスに関しては、初回面談にもありますので、そこで質問することもできます。

ただ、学習前と学習開始後の相談では内容が異なるため、とても助かります。

わか
わか
学習してから気づくことが多いよね

例えばリスニング力を鍛える方法として、シャドーイングを教わったとします。

わか
わか
よし、シャドーイング頑張るぞ!

ただシャドーイングは、勉強強度(難易度)が高くて、挫折してしまう人も多い勉強法です。

実際に、私もシャドーイングを試してみましたが、かなり大変で心が折れそうになりました。

そのことをコーチに相談したところ「スピード調整」や「オーバーラッピング」への変更などのアドバイスも頂けました。

そもそも、コーチの課題以外の勉強していた自分に落ち度があるのですが、焦りすぎていたのかもしれません。

わか
わか
結果を意識すると焦るよね

このように具体的なアドバイスを貰えるだけでなく、精神的な安心感も貰えるので、学習者にとってもチェックイン面談は有意義な時間になります。

チェックイン面談の流れ

チェックイン面談の流れは、ざっくりとこんな感じです。

  1. 模試の感想
  2. 1週間を振り返り
  3. 進捗確認
  4. 学習相談

模試の振り返り

始めは、模試の感想とフィードバックからです。

チェックイン面談は、学習を開始してから約一週間後にあるのですが、その間に郵送させるテキストで模試を解く必要があります。

その結果をもとに、コーチと感想や出来などについて話していきます。

私は学習開始前と学習開始後では、約100点近くのスコアアップすることができました。

特に注力して対策したパート1に関しては、手ごたえがあったので凄く嬉しかったです。

コーチにも褒めてもらいましたが、気を緩めないようにと「活」を頂きました!

わか
わか
大事なのはこれからだよ!

一週間の振り返り

次に、一週間勉強してみての振り返りをして、学習の定着を促します。

おろらく、ここがチェックイン面談の1番の目的でもあるのですが、私の場合は「ほぼ予定通り」に学習していたので、すぐ終わりました。

わか
わか
コーチも苦笑いしてたね!笑

進捗確認

次に学習の進み具合について、コーチと話します。

まずコーチから共有されている課題が終了していることを確認され、あとはどこまで進んでいるのかを聞かれました。

私の場合、学習プログラムを前倒しで進めているので、コーチも進捗を確認するのが大変そうでした。

もちろん予定より学習が進んでいない人は必ずいると思うので、そうした時に課題の調整やスケジュール調整が入るのだと思います。

学習アドバイス

最後に、コーチに対して質問があればできます。

最初の方でも書きましたが、勉強する前の悩みと、勉強を始めてからの悩みは、全然違います。

そのため、初回面談でも書きましたが、コーチへの質問は事前に考えておくのが良いでしょう。

まとめ

面談の前に、気になる疑問はすべてメモしておくべき

最後に

今日は、チェックイン面談について書きました。

何度も言いますが、コーチと直接話せる機会は4回しかありません。その4回をどう使うかによって、今後の学習が変わります。

わか
わか
準備は大事!

自分の悩みをクリアにして、学習効率を高めましょう。

Twitter(@wakatoeic)もやっているので、気軽に質問してくれると嬉しいです。