スタディサプリ

スタディサプリTOEIC対策の実践問題集とは?使い方や難易度を解説!

こんにちは、わか(@wakatoeic)です!

スタディサプリの実践問題集ってどうなの?公式問題集20冊分の問題量があるらしいし、少し興味があるな!という人も多いと思います。

そこで今日は、スタディサプリTOEICで288時間使い倒した私が、実践問題集について語っていきたいと思います。

わか
わか
ざっくりとこんな感じのことを書いていくよ

・実践問題集とは
・実践問題集の使い方
・実践問題集の難易度
・実践問題集の効果

ネットで検索すると、スタディサプリの口コミや効果は沢山ありますが、実践問題集やTEPPAN英単語のなどのコンテンツの詳しい記事は少ないですよね。

実践問題集をやって効果が出そうなら「スタディサプリを検討する」という人も多いと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

スタサプの実践問題集(NEXT)の概要

実践問題集(NEXT)とは、スタディサプリ内のコンテンツの1つで、主に問題を解きまってスコアを上げる段階の人のためのコンテンツです。

2020年時点でスタディサプリTOEIC対策コースには7コンテンツありますが、そのうちの2つが実践問題集(NEXT)になっています。

でこんな感じで、模試が詰まっています。

実践問題集で計10冊、実践問題集NEXTで計10冊あるので、スタディサプリを使うことで公式問題集20冊分を解くことができるのです。

わか
わか
20冊ってなかなかだよね

・1冊200問×20冊=4000問
・1冊3,300円×20冊=66,000円

スタディサプリの実践問題集だけで4000問の演習が可能になり、また20冊分の公式問題集を買うよりお得だと思います。

実践問題集(NEXT)の中身

実践問題集の内容は、本番のテストと同じで、1volに200問が収録されています。

・パート1:6問×20
・パート2:25問×20
・パート3:39問×20
・パート4:30問×20
・パート5:30問×20
・パート6:16問×20
・パート7:54問×20

実践問題集の1番の特徴は、問題量の多さです。

ただそれだけではなく、詳細な解説や単語チェック機能、ディクテーション機能やシャドーイング機能もあるので、細部まで復習が可能です。

・問題演習
・解説(動画)
・単語チェック
・ディクテーション
・シャドーイング
・本文チェック
・音読

ちなみに関先生の動画解説は、全ての問題についているわけではなく、スタディサプリ利用者の正答率が悪い問題についています。

わか
わか
スタディサプリはどんな問題を間違えたのか把握しているらしいよ

解説は、全ての問題についているのですが、難しい問題になるとテキストの解説だけでは不十分で、消化不良を起こしてしまうこともありますよね。

ですがスタディサプリであれば、つまづきそうな問題には関先生の動画解説、通常問題には公式の2倍くらいの解説があるので安心です。

わか
わか
個人的にはリスニングの解説にいつも助けられてるよ

リーディングはテキストの解説を見れば大体理解できるのですが、リスニングは音なので、聞こえなければテキストで説明されても「???」となります。

ですが、そういった問題には大体動画解説がついていて「ここの音はほとんど聞こえないよ」とか「繋がって違う単語みたいに聞こえるよ」など。

音の繋がりや消失、ナレーターごとの癖まで解説してくれるので、本当に助かります。

わか
わか
公式問題集はここまで詳細な解説はないよ

実践問題集(NEXT)の使い方

実践問題集は、スコアアップにおいてかなり重要な働きをしてくれますが、使い方を知らなければ意味がありません。

そして個人的には、この2つの使い方をしています。

・実力チェック
・ピンポイント対策

わか
わか
それぞれ解説していくよ

実力チェック

実践問題集は、問題集という名前がついていますが、要は模試1回分に詳しい解説とか復習の機能がついているものです。

つまり、模試20回分でもあるので、自分の実力をチェックしたい場合には、模試として使うことができます。

わか
わか
ただその場合、テキストが必要だよ

アプリだけでも全問解くことができますが、デバイス(スマホ、タブレット、パソコン)で解くことになるので、テキストがあった方が模試としては解きやすいです。

テキストは1冊1,200円なので公式問題集よりは600円位安いですし、1冊単位で購入できるので、必要な分だけ買うことができるのは便利ですね。

わか
わか
私の場合は、こんな感じで模試を解いるよ

テキストについて、更に詳しく知りたい人は、下記のページを参考にしてください。

スタディサプリTOEIC対策コースにテキストは購入する必要ある?使い方まで解説!こんにちは、わか(@wakatoeic)です! 今日は、スタディサプリTOEIC対策を始める方や既に学習開始されている方に向けて「...

ピンポイント対策が可能

2つ目の使い方はシンプルで、ひたすら問題を解いていく使い方です。

実践問題集(NEXTも含めて)は、模試20回分ありますが、最初から最後まで解いていたらかなり時間がかかります。

わか
わか
なので、対策したいパートだけ勉強するのもありだよ

例えば私の場合、パート7やパート3・4を実践問題集では注力的に解いています。

一方で、パート1やパート2、パート6などは、パーフェクト講義以外ではそこまで時間をかけて対策していません。

問題数が多いので、このように対策したい部分だけピンポイントで対策できるのは助かります。

特に、TOEIC600点以上になると基礎はある程度固まっているので、それ以上スコアを伸ばすためには「どれだけ問題を解くか」がポイントになります。

問題を解き、語彙を増やし、間違えた問題を復習することでスコアは上がっていくので、そういった面で実践問題集は役に立ちます。

わか
わか
ただ問題を解くだけじゃなく、復習をすることを忘れないでね

実践問題集の難易度

実践問題集(NEXT)も含めた難易度ですが、公式で発表されているものは今のところありません。

ただ私が解いて見た感想と、公式に問い合わせてみた返答から難易度を表してみました。

わか
わか
「易・普・難」の3パターンで表すよ

・vol.1:難(1番難しかった)
・vol.2:普
・vol.3:普
・vol.4:易
・vol.5:難
・vol.6:難
・vol.7:難
・vol.8:難
・vol.9:難
・vol.10:難

・vol.1(NEXT):難
・vol.2(NEXT):難
・vol.3(NEXT):難
・vol.4(NEXT):難
・vol.5(NEXT):難
・vol.6(NEXT):難
・vol.7(NEXT):難
・vol.8(NEXT):難
・vol.9(NEXT):難
・vol.10(NEXT):難

ざっくりとしていますが、こんな感じです。

本番の難易度やレベルと比べて、そこまでの差異はないと思います。

これが2020年1月12日に受けた公開テストで、

これが2020年1月5日(本番の一週間前)に解いた模試(Vol2)で630点だったので、難易度はほとんど変わらないと思います。

わか
わか
「±10点くらいじゃないかなー」って思っているよ

実践問題集の効果

私はスタディサプリで実践問題集のみを使っているわけではありませんが「解く」「復習する」を繰り返すことで、大幅にスコアがあがりました。

・リスニング:325点→382.5点
・リーディング:177.5点→322.5点

わか
わか
具体的にまとめるとこんな感じ

・語彙力増加
・リスニングの先読みが速くなった
・問題のパターンを掴めるようになった
・リーディングスピードが上がった
・パート5で8割取れるようになった

パート1

学習開始前は、パート1は「5/6」でしたが3ヶ月後には「6/6」になりました。

・素点:5問/6問中→6問/6問中
・正答率:83.3%→100%

わか
わか
そこまで変化はないけど、前より聞きやすくなったよ!

パート2

学習開始前の模試では、パート2は「17/25」でしたが、3ヶ月後には「20/25」になりました。

・素点:17問/25問中→20問/25問中
・正答率:68.0%→80%

わか
わか
パート2は、これからも対策するつもり!

パート3

学習開始前の模試では、パート3は「27/39」でしたが、3ヶ月後も「27/39」と変わりませんでした。

・素点:27問/39問中→27問/39問中
・正答率:69.2%→69.2%

パート3の素点は変化しませんでしたが、以前は何となく選んでいた選択肢を、しっかりと正解の根拠が聞き取れるようになったので、成長は実感しています。

わか
わか
パート3ももっと対策した方が良さそう!

パート4

学習開始前の模試では、パート4は「19/30」でしたが、3ヶ月後には「23/30」になりました。

・素点:19問/30問中→23問/30問中
・正答率:63.3%→76.7%

わか
わか
パート4のパーフェクト講義は、3ヶ月じゃ途中までしか終わってないよ!

パート5

学習開始前の模試では、パート5は「15/30」でしたが、3ヶ月後には「26/30」になりました。

・素点:15問/30問中→26問/30問中
・正答率:50.0%→86.7%

わか
わか
パート5はかなりスコアアアップしたよ!

パート6

学習開始前の模試では、パート6は「8/16」でしたが、3ヶ月後には「13/16」になりました。

・素点:8問/16問中→13問/16問中
・正答率:50.0%→81.3%

わか
わか
最近はパート6も安定して取れるようになってきたよ!

パート7

学習開始前の模試では、パート7は「20/54」でしたが、3ヶ月後には「29/54」になりました。

・素点:20問/54問中→29問/54問中
・正答率:37.0%→53.7%

わか
わか
正答率は15%以上上がってるけど、まだまだ対策が足りないね!

実践問題集をオススメする人

私の場合、学習開始前が503点で、3ヶ月後には「705点」取れましたし、実践問題集の効果は高かったです。

わか
わか
200点アップだね

なので、実践問題集はTOEICを受験する人全員にオススメできますが、それでは芸が無いので「特にオススメする人」をまとめてみました。

・本気でスコアアップしたい人
・TOEIC600点以上の人
・700点以上を目指したい人
・パート2・3・4・5・7が苦手な人
・問題を解きまくりたい人
・公式問題集の解説だけでは足りない人

TOEIC600点までは、基礎力がある程度できれば取れる点数なので、実践問題集に手を付けなくても取れます。

ただ700や800点などの高得点を狙う場合「どれだけ問題を解くか」がポイントになってきます。

問題を解ければ語彙力や対応力が身に付き、回答スピードや聞き取れるリスニング速度も上がります。

そのため基礎ができたら、どんどん問題を解くことをオススメしていて、そういった意味では実践問題集はオススメです。

ただ「基礎ができている」をという条件つきではあるので、現時点で600点以下なのであれば、パーフェクト講義から進めるがの良いです。

またこれからスタディサプリを始めようか迷っているのであれば、まずは無料体験から始めるのがオススメです。

わか
わか
無料で7日間使えるよ

自分に合うサービスなのか試してみてください。

>>無料で7日間スタディサプリを体験する

最後に

いかたでしたか?

今日は、実践問題集について書きました。

TOEICでスコアを大幅に上げるためには、問題数をこなすことはとても大事です。

ただ公式問題集だと1冊200問で3000円するので、結構コストがかかります。

一方でスタディサプリなら、アプリ1つあれば20冊分(4000問)が解き放題なので、問題を解きまくりたい人にオススメです。

わか
わか
無料体験から始めてみてね!

>>無料で7日間スタディサプリを体験する